13/04/2017
Tokyo, Sendai, Nagoya

スイスの漫画家、ダヴィッド・ボラーが4月来日!東京、仙台、名古屋で講演会とワークショップが開催されます。


スイス生まれのダヴィッド・ボラーは子供のころから日本の漫画、フランスやベルギーのバンド・デシネとアメリカのコミックに関心を寄せていました。アメリカにあるJoe Kubert School of Graphics and Cartoon Artでデッサンを学び、卒業後、マーベル・コミックやDCコミックスと言ったアメリカのコミック出版社のためにスパイダーマン、バットマン、スター・ウォーズなどを描いていました。2008年にスイスに帰国、「Virtual Graphics」と「Zampano」というオンライン上で、バンド・デシネの雑誌を創刊しました。

2017年4月、自らの作品づくりに影響を与えた国、日本を訪れるダヴィド・ボラーは、アンスティチュ・フランセ東京、アリアンス・フランセーズ仙台・愛知にて講演、描画ワークショップ、サイン会を行ないます。バンド・デシネ好きの方にはもちろん、これから読んでみたいという方にも、現役のバンド・デシネ作家とふれあうことのできる貴重な機会です!

 

プログラム

仙台 : 4月13日(木) 18:30 ~ 20:30、仙台日仏協会・アリアンス・フランセーズ
名古屋 : 4月15日(土) 13:00 ~ 16:30、アリアンス・フランセーズ愛知フランス協会
東京 : 4月16日(日) 10:00 ~ 12:00、アンスティチュ・フランセ東京

 

参加費
無料 ※要予約

申し込み方法
上記の各機関のリンクをご参照ください。


主催
アンスティチュ・フランセ日本

後援:在日スイス大使館