Début : 19/01/2018
Fin : 26/01/2018
15 Ichigaya funagawara-machi Shinjuku-ku - 162-8415 - Tokyo

昨年7月31日に他界したフランスの大映画スター、ジャンヌ・モローの追悼特集が、1月19日から26日までアンスティチュ・フランセ東京で上映されます。

美しく、力強い眼差しと一度聞けば決して忘れることのできない声の持ち主、女優ジャンヌ・モロー。ヌーヴェルヴァーグからブニュエル、オーソン・ウェルズ、アントニオーニ、ファスビンダー、オリヴェイラまで、70年もの間、現代映画を牽引した監督たちのミューズであり続けたモローの道程は他に例を見ない類い稀なものでした。また演劇、歌、文学などの分野でも才能あふれるアーティストたち(ヴィラール、ヴィテーズ、グリューバー、デュラス、ジュネ、ミラー、コクトー、ハントケ)との交流を続けてきました。2017年7月31日に89歳で他界した20世紀の映画の記憶そのものといえるジャンヌ・モローの代表作を上映し、その不滅の魅力、重要性を確認し、追悼いたします。

 

日程
2018年1月19日(金)~1月26日(金)

会場
アンスティチュ・フランセ東京

プログラム

2018-01-19 『パリの灯は遠く』
2018-01-19 『死刑台のエレベーター』
2018-01-21 『天使の入江』35mm上映
2018-01-21 『オーソン・ウエルズのフォルスタッフ』
2018-01-21 『現金に手を出すな』
2018-01-26 『天使の入江』デジタル上映
2018-01-26 『ナタリー・グランジェ(女の館)』

料金
一般:1200円 
学生:800円 
アンスティチュ・フランセ会員:500円

詳細
http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/cinema1801190126/

主催
アンスティチュ・フランセ日本

オフィシャル・パートナー
CNC、笹川日仏財団、TV5 MONDE