新規会員登録/ログイン

Sites pays et partenaires

Membres :
0 200 500 1000 2000 5000 10000+
Campus France
フランス留学経験者グローバルネットワーク
CAMPUS FRANCE
Agenda

思想の夕べ 2019(東京): 多国間主義の未来とは?

Groupe "フランス留学経験者グローバルネットワーク"

討論会

このページをシェアする :

2019年1月31日(木)在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本と日仏会館の共催による、討論と意見交換の場「思想の夕べ」が日仏会館で開催されます。

2019年1月31日(木)に世界中で開催される次回「思想の夕べ」のテーマは、「現在と向き合う」です。2019年はフランスがG7議長国を務める一方、日本がG20議長国を務めます。これは多国間主義の未来をめぐって対話する絶好の機会です。日本で1年を通して開催される一連のG20関係閣僚会合に先立ち、東京で開催される「思想の夕べ」は重要な日仏イベントとなります。
日仏会館で開催される今回の討論会では、元世界貿易機関(WTO)事務局長のパスカル・ラミー氏、環境副大臣の城内実氏、参議院議員の猪口邦子氏が意見交換を行います。司会は日本経済新聞社上級論説委員の藤井彰夫氏が務めます。
貿易、環境、紛争解決、人権、ヨーロッパ建設など、現代史は多国間交渉システムの設立とその漸進的深化に特徴づけられます。21世紀の課題は地球規模である一方(地球温暖化、移民、貿易戦争、人権など)、この多国間システムは自国優先主義の誘惑により否定され、失速の兆候を見せているように思われます。多国間主義の限界とは何でしょうか? 21世紀の課題に立ち向かうため、どのようにして多国間主義に新たな息を吹き込めばよいのでしょうか? 今回の日仏討論会では、こうした問題が取り上げられる予定です。
討論会はアンスティチュ・フランセ(パリ本部)の特設ホームページ(英語)と、日経チャンネルでライブ配信されます。

登壇者
パスカル・ラミー 前世界貿易機関(WTO)事務局長
城内実 環境副大臣
猪口邦子 参議院議員
藤井彰夫(司会) 日本経済新聞社上級論説委員兼編集委員

開会の辞:ローラン・ピック 駐日フランス大使

日時
2019年1月31日(木)18時~20時

会場
日仏会館 ホール

料金
入場無料(座席数に限りがあるためオンライン登録をお勧めします)

詳細/オンライン登録
https://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/ndi2019/

共催
在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、公益財団法人日仏会館

協力
日仏会館・フランス国立日本研究所

協賛
日経チャンネル、全日本空輸株式会社

助成
アンスティチュ・フランセパリ本部

Jeudi 31 janvier 2019 06:00 PM - 08:00 PM
Maison franco-japonaise
3 Chome-9-25 Ebisu, Shibuya, Tokyo 150-0013
150-0013 Tokyo
SNSでイベントをチェック
所在地

Maison franco-japonaise

3 Chome-9-25 Ebisu, Shibuya, Tokyo 150-0013
150-0013 Tokyo

Vous devez être connecté pour laisser un commentaire.

Jeudi 31 janvier 2019 06:00 PM - 08:00 PM
Maison franco-japonaise
3 Chome-9-25 Ebisu, Shibuya, Tokyo 150-0013
150-0013 Tokyo
  • カレンダーに追加する